大阪大学男声合唱団OB会(略称:阪大男声OB会)と大阪男声合唱団(略称:大阪男声)のWEBサイトです。Osaka University Männerchor OB & Männerchor Osaka

70周年記念事業について

  • HOME »
  • 70周年記念事業について

大阪大学男声合唱団は1951年12月27日にわずか6名の団員で産声を上げ、昨年12月に70周年 (70歳の誕生日)を迎えました。70年間の歴史の中でとりわけ甚大な影響のあった「学園紛争」や「阪神淡路大震災」を乗り越えながら、関西の大学男声合唱界の「雄」として常に存在感を示してきたことを誇りに思います。また、その間約1,700名の団員が社会へと巣立ち、合唱界で活躍をされている方も少なくありません。

OB会常任委員会で検討を重ね、70周年を迎えた慶びを胸に、一方で残念ながら既に鬼籍に入られたOBのご冥福を祈りつつ、70周年記念事業として、①現役第70回記念定演、②70周年祝賀会、③記念誌発行、の3事業を実施することを決定しました。

これら事業が、現在コロナ禍により「存亡の危機」に直面している現役諸氏を勇気づけ、さらに、これを契機に新たな団員を獲得し「捲土重来」してくれることを願ってやみません。OB諸氏におかれましては、積極的な参画およびご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

70周年記念事業実行委員長 橋本達弥(74)

氏名うしろの()内数字は阪大入学年(西暦下二桁)

現役第70回記念定期演奏会

日 時  2023年1月22日(日) 開演・開場時間等未定

場 所  吹田市文化会館メイシアター大ホール(吹田市泉町2-29-1、阪急千里線吹田駅前)

ステージ構成(演奏順未定)

ステージ 曲目 指揮者 ピアニスト 合唱団陣容
OB・現役合同 鈴木憲夫「永訣の朝」 本城正博(74) 次郎丸智希(97) 目標150名
OB単独演奏 木下牧子「Enfance finie」 萩原寛明 内藤菜穂子 目標70名
現役アカペラ曲 北川昇「心の翼」 津野玄親(19)
現役ピアノ曲 上田真樹「夢の意味」 津野玄親(19) 平林知子

(注1)本城正博は現役の技術顧問、萩原寛明は同ヴォイストレーナー、ともに大阪男声指揮者
(注2)合同ステージ目標150名の内訳は、現役および大学院生30名、OB120名

出演負担金 関西在住OB 13,000その他地区在住OB 8,000 (参加人数等で変動する可能性があります)

練習日程・会場 (詳細は出演申込者に別途メールにてご案内申し上げます。またホームページ「大阪男声予定」で最新情報をお確かめください)

関西地区練習 「永訣の朝」
指揮:本城正博
現役との合同練習 ①2022年11月12日(土) 午後、浪速区民センター
②2022年12月11日(日) 夜、大淀コミュニティセンター
③2023年1月21日(土)天王寺区民センター
OB単独練習 大阪男声合唱団(本部)の本城指揮者の練習に参加いただく形の練習となります。
8/20(土)、9/24(土)、10/15(土)、10/29(土)、11/26(土)、1/7(土)を予定
「Enfance finie」
指揮:萩原寛明
大阪男声合唱団(本部)の萩原指揮者の練習に参加いただく形の練習となります。
10/1(土)、11/5(土)、12/3(土)、12/24(土)を予定。

11/12(土)、1/21(土)は「永訣の朝」の合同練習に続けて、「Enfance finie」の特別練習を行います。
関東地区練習 大阪男声合唱団東京支部の練習【指揮:甲和伸樹(77)】に参加いただく形となります。
12/3(土)、12/10(土)、12/17(土)、1/7(土)を予定。
ほかに、12/25(日)は萩原指揮者による
「Enfance finie」の特別練習
1/14(土)は本城指揮者による「永訣の朝」の特別練習 を行う予定(最終調整中)。

(注) 大阪男声(本部)の練習スケジュールはこちら  大阪男声東京支部の練習スケジュールスケジュールはこちら

出演申込はこちら 申込期限を9月末日まで延長しました。

申込が予定数を大幅に上回る場合には期限前に募集を終了することもありますので、予めご了承ください。

出演者特設ページはこちら

(閲覧には会員PWが必要)

※お問合せ E-mail:info@handaidanseiob.com     電話:090-3705-2292(橋本達弥)

阪大男声70周年祝賀会

現役第70回記念定期演奏会に引き続き、同じメイシアターの「レセプションホール」において、「阪大男声70周年祝賀会」を開催します。出演・来場者はもちろん、多数のOBの皆さまの参加をお待ち申し上げます。

■日 時  2023年1月22日(日) 定期演奏会終演後17時30分頃開宴予定

■場 所  吹田市文化会館メイシアター3F「レセプションホール」

■参加費  7,000円の予定(なお、現役・学生、名誉会員はご招待)

これまで阪大男声をご指導いただき、大変お世話になった皆さまを来賓としてご招待する予定です。

※お問合せ E-mail:info@handaidanseiob.com   電話:090-6673-1560(豊原 力)

記念誌の発行

「大阪大学男声合唱団50周年史」が発刊されて、早くも20年が経過しました。OB会常任委員会で検討・協議の結果、次のような方針を決定しました。

①2023年1月22日の70周年祝賀会において配布(その後会員に郵送)する冊子を作製する。内容は、70回の定演の歩み、50年史の増補版ともなる20年間の特徴的な活動の紹介、OB会や大阪男声の紹介など。

②2023年2月以降、阪大男声・OB会・大阪男声の歴史資料をより本格的に収集・整理し、創立75周年記念日である2026年12月を目途に「75年史」の発行を目指す。

このため、定演に限らず各種演奏会のパンフレットなど紙媒体の資料を収集保存するとともに、それらには必ずしも記録されていない色々なエピソード(例えば、コンクール、四連、六連、ジョイントコンサート、運動会、合コン、委嘱曲、客演指揮者、ピアニスト、ミュージカル、団則、練習場、合宿、・・・)を、多様な世代のOBからの投稿やヒアリングにより取材し、「記憶」を「記録」として残す作業を進めていきたいと存じます。編集部から個別の執筆依頼・問い合わせ等も行いますが、皆さまからの積極的な投稿・情報提供を歓迎いたします。(さしあたり第11回、第49回定演のパンフレットをお持ちの方はご一報をお願いします)

※お問合せ info@handaidanseiob.com   電話:090-1675-7825(栗山和郎)

郵送による資料等送付先 〒530-0041 大阪市北区天神橋1-4-7-1005 栗山和郎

70周年事業遂行のための寄付のお願い

今般の70周年事業遂行のためには多額の資金を必要とします。とりわけ、「記念誌」発行については、定演への出演負担金や祝賀会参加費という形で費用を賄うことができないため、寄付金が主たる財源となります。なお、事業終了後の残余金については、団員減少の苦境にある現役の支援および今後の新歓活動の原資として活用をしたいと考えています。具体的な寄付手続につきましては、OB会報2022年冬号(12月発行)に専用の「払込取扱票」を同封しOB諸氏のご支援・ご協力を仰ぐ予定であり、心積もりを頂ければ幸いです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.